イソフラボンが含まれているサプリは女性にも男性にも効果がある

笑顔の男性と女性

冷えはいい事がない

コップを持つ人

万病の元

よく冷えは万病の元と言われますが、どうしてそのように言われているかというと、全ての体の不調の原因のほとんどに冷えが原因とされているからです。冷え症は季節に関係なく体が冷えている状態のことです。冷え症になってしまう元々の原因は血行不良にからなります。食生活が偏ったり、ストレスの多い生活、運動不足などから血行不良になりやすくなります。はじめは手足が少し冷える程度だったものが、靴下を履かないと夜は眠れなかったり、冷房などが効いた空間に少しいるだけでも具合が悪くなったり、生活に支障をきたすようにもなります。また、冷え症が原因で体にも悪い影響がでてきます。顔にクマがでたり血色が悪くなったりします。他に、体の温度が下がることにより免疫力も低下してきます。免疫力が低下すると風邪もひきやすく癌にもなりやすくなります。そして女性の場合は婦人病にかかりやすく妊娠もしにくくなります。

日常生活から改善

冷え症は体にとって何もいいことはありません。特に免疫力が下がってしまうのは、ひどい場合は癌で亡くなる可能性もあります。冷え症は日常生活から急いで改善する必要があります。まずは、食べ物に注意をすることです。健康的な食事を心がけて生の野菜を食べ過ぎてしまうと逆効果でさらに体が冷えてしまう可能性があります。野菜を選ぶときは、寒い地域で取れた野菜を選ぶことと、寒い季節に旬を迎える野菜を選ぶことです。このような野菜は体を温める効果があるのでおすすめです。また生姜など血流を良くしてくれる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。そして、運動をすることです。筋肉は血液を運ぶポンプの役割をしています。筋肉が衰えると血液を手足の末端まで運ぶことができなくなります。このため手足がより冷えてしまいます。特に女性は男性より筋肉の量が少ない為末端が冷えやすくなります。このように、日常から少しずつ改善することが出来るのが冷え症の対策です。悩んでいるよりやってみることが大切です。